フィラリアについて

  • HOME
  • フィラリアについて
フィラリアについて

に刺されることによって犬糸状虫という寄生虫が心臓や肺動脈に感染寄生し、心臓病を起こす病気です。

予防法が確立しており蚊の発生時期に月に1回の投薬で予防ができます。
大阪では4月末からの投薬をしてください。(地域によって異なります)

フィラリア検査(診察、検査、採血料を含む) 1,000円(税抜)~
予防薬1回(体重や剤形によって変わります) 600円(税抜)~(錠剤)

※検査は投薬開始の前に行ってください。前年度の予防が不完全(嘔吐していたり、投薬時に下痢をしていたりしても)な場合フィラリアに感染していると予防薬によって副作用を起こす場合があります。

※昨年夏を越していない子(仔犬)では検査は必要ありません(投薬は必要です、体重を計ってあげてください)

※予防薬の剤形は錠剤、チュアブル、スポット剤などがあります。
薬を飲むのが得意でない子、おやつなら喜んで食べる子など、その子にあわせたものが使用できます。相談してください。

また、他のノミや回虫といった寄生虫の駆除薬と一緒になったものがあるので、おたずねください。